ベーシックインカムハウスの今後について

ベーシックインカムハウスの今後について

こんにちは、ベーシックインカムハウスの、のび(@howstep_hikaru)です。
2019年3月末をもちまして、1年間のハウス生活が終了することになりました。

今後どうなるのか、ベーシックインカムハウス2期生募集はあるのか?等も合わせてご報告できたらと、このブログを書きました。

ベーシックインカムハウスとは

ベーシックインカムハウスってなんぞや?という方もいっらしゃると思うので簡単に説明します。

ベーシックインカムハウスとはカイリュー木村さん(@ababa2017)が発起人、えらいてんちょうさん(@eraitencho)がプロデューサーとして始まった1年間様々な生活のサポートを受けながら住むことのできるシェアハウスです。

具体的には
・家賃無料
・入居者1人につき月額¥15,000食費支給
・乗用車1台使い放題(シェア)
・水道光熱費無料
・お米支給
・ネット無料

という有り難みしかない内容です。
僕はこのベーシックインカムハウス住人5人のうちの1人として、かつ管理人として2018年3月から住まわせて頂いています。

ベーシックインカムハウスはその物珍しさからテレビ番組やネット番組、webメディアにて紹介され、色々な人から注目を浴びるようになりました。

その中で、僕は今自分たちは珍しい試みの対象として世間から見られている。
僕が「面白い」結果を残せば
ベーシックインカムハウスをやる人は増え、「お金はないけどやりたいことがある人」にチャンスは来やすくなり、
逆に僕が面白い結果を残せなければ
世間のベーシックインカムハウスから興味は薄れ、ベーシックインカムハウスがあればもしかしたら大成したかもしれない人のチャンスを潰すことになる。
僕はそういう立場に今はいる。という覚悟も持つようになりました。

ベーシックインカムハウスの今後


この環境のおかげで住人全員、各々がやりたいことに集中できるようになり入居する前には「出来なかったこと」、「想像もしていなかったこと」ができるようになりました。
実際、僕も大好きなプロダクト開発に集中することができ、入居前には出来なかった技術を身につけ、サービスもリリースをすることができました。

しかし、冒頭でも書いた通り、この度ベーシックインカムハウスの終了が決まりました。
今年の3月末で当初の予定通り終了です。
同じ内容での2期生募集もありません。

現在の実際の世間からの目はどうでしょうか。
最初にベーシックインカムハウスが始まった時と今では注目度が全然違います。

ベーシックインカムハウスのおかげで住人全員がやりたいことにチャレンジでき、みんな良い方向に進んでいるにも関わらずです。
これは管理人である僕の力不足です。

もっともっとみんなの活躍やハウスの内情を外に発信し
盛り上げていけていたら、2期生の募集はもちろん、
他の場所でもベーシックインカムハウスや
それに近いものができていたのではないかと思います。

カイリュー木村さん、えらてんさんを始めベーシックインカムハウスのサイトの構築や各種広報をしてくださった秋山さん(@akiyama_fmzm)、住人のみんな、2期生の募集を待っていた方々、
そして、次の「やりたいことがあるけど、お金のために働かなくてはいけない人」に僕たちが頂いたようなチャンスを受け渡せず、申し訳なく思っています。

ベーシックインカムハウスの今後について、前置きがだいぶ長くなってしまいましたが、「人のチャンスを潰して終了」というのは嫌なので
今度は自分が微力ながら「やりたいことがある人」を応援できる立場になれたらよいなと考えています。

僕たちは家賃無料と食費支給という形で「住と食」を支えて頂きました。
僕の財源では全く同じことはできませんが、僕にできる範囲での「住と食」+α の面から次の「やりたいことがある人」のサポートができたらなと思っています。

現在、色々な方にお願い、相談をさせて頂きながら、
内容等詰めているのでまた確定したところから
順々にこちらのブログ&twitterで報告をしていきます。